Beautiful Cities in Europe – ヨーロッパの美しい都市 –

レイキャビク (Reykjavik)、アイスランド

世界最北の首都アイスランドの首都。レイキャビク郊外には世界最大の温泉として知られるブルーラグーンがあり、多くの観光客が訪れます。毎年11月~3月頃になると街中でもオーロラを観察できるそう。

ダブリン (Dublin)、アイルランド

アイルランドの首都。9世紀頃デーン人(ヴァイキング)によって城壁のある町が作られて以来、およそ1000年もの歴史を持つ港湾都市です。地名は、市内を流れるリフィ川の支流にできた水たまりが古典アイルランド語で“Dubh linn(黒い水たまり)”と呼ばれたことに由来します。

ベラト (Berat)、アルバニア

アルバニア中南部の都市。山の斜面に白い漆喰の壁に赤い屋根の家々が立ち並び、その独特な景観から「千の窓を持つ街」と呼ばれています。この街並みは、主に15世紀オスマン帝国時代に築かれたもので、南部の都市ジロカストラとともに世界遺産にも登録されています

ロンドン (London)、イギリス

テムズ川両岸にまたがるイギリス最大の都市。バッキンガム宮殿をはじめ、ビッグベン、大英博物館など数多くの観光名所が存在しています。また市内は、32の地方行政区域に分かれており、エリアごとに異なる景観を楽しむことができます。

ヴェネツィア (Venezia)、イタリア

イタリア・ヴェネト州にある水上都市。118の小島から成り、運河をゴンドラが行き交う美しい街並みは世界遺産にも登録されています。有名な行事に“ヴェネツィアのカーニバル”がありますが、その起源は12世紀近隣都市との抗争に勝利したことを祝って、人々がサン・マルコ広場に集って踊ったのが始まりだとされています。

当時のイタリアでは、身分の差が厳しく、階級を超えた人々との交流が制限されていました。そこでカーニバルの期間中は、身分に関係なくお祭りを楽しむために“ベネチアンマスク”が作られるようになったそう。

キ-ウ (Kyiv)、ウクライナ

「ロシアの都市の母」と呼ばれるウクライナの首都。およそ1500年もの歴史を持つ都市で、9~13世紀頃まではキエフ公国の首都として発展しました。市内にはこの時代に建てられた聖ソフィア寺院(世界遺産)をはじめ、ペチェルスカヤ大修道院、ウラジーミル聖堂など歴史的建造物が点在しています。

タリン (Tallinn)、エストニア

バルト海・フィンランド湾に面するエストニアの首都。エストニア語で「デンマーク人の城」を意味する言葉で、これは13世紀エストニア人の砦をデンマーク王が占領したことに由来します。城壁に囲まれた旧市街は世界遺産にも登録されています。

ウィーン (Wien)、オーストリア

音楽と芸術の都として知られるオーストリアの首都。かつてハプスブルク家のオーストリア=ハンガリー帝国の都として栄え、今もなお宮廷文化が街中の至るところに残されています。ウィーン国立歌劇場やシェーンブルン宮殿など有名な歴史的建造物が多く、これらは世界遺産にも登録されています。

アムステルダム (Amsterdam)、オランダ

オランダのノールト・ホラント州にある都市。かつては小さな漁村だったのが、16~17世紀頃に運河が整備され、貿易の重要拠点として繁栄しました。市内にはオランダ東インド会社が設立された頃の建物が残されており、当時世界の商業都市として栄えていた面影を見ることができます。

アテネ (Athens)、ギリシャ

世界でもっとも古い都市のひとつとして知られるギリシャの首都。およそ3,400年もの歴史をもつ都市で、市内にはパルテノン神殿をはじめとした古代遺跡が数多く残されています。夜にはこれらの遺跡群がライトアップされ、昼夜で異なる美しい風景を楽しめます。

ドゥブロヴニク (Dubrovnik)、クロアチア

クロアチア南部のアドリア海に面した城塞都市。世界遺産にも登録されている旧市街には、オレンジ色の屋根と青い空や海のコントラストが美しい町並みが広がっており、その美しさは「アドリア海の真珠」と謳われるほど。

この風光明媚な景色は市内をめぐる城壁の遊歩道やロープウェーから一望できます。

トビリシ (Tbilisi)、ジョージア

ジョージアの首都。名称は、ジョージア語で“温かい”を意味し、この地に温泉が湧くことに由来します。かつてシルクロードを行き交う人々で賑わい、幾度も他民族に支配された歴史をもつため、アジアともヨーロッパとも異なる独特な建築物や文化が残されています。

ベルン (Bern)、スイス

スイスの首都。12世紀、領主だったツェーリンゲン家によって建設された都市で、その名称はクマ “Bär”に由来します。旧市街では、人形仕掛けの天文時計台やベルン大聖堂、連邦議事堂など中世の雰囲気が漂う歴史的建造物を目にすることができます。

ストックホルム (Stockholm)、スウェーデン

スウェーデンの首都であり、北欧を代表する世界都市。入江と湖水に囲まれた美しい都市で「北欧のベニス」「メーラレン湖の女王」ともいわれています。

エディンバラ (Edinburgh)、スコットランド

スコットランドの首都。世界的バストセラー「ハリーポッター」の生誕の地であり、不朽の名作 「シャーロック・ホームズ」の著者コナン・ドイルの出身地としても有名な都市です。 中世の建築物が残る旧市街と均整のとれた新市街の2つの異なった町並みが美しく広がっています。

マドリード (Madrid)、スペイン

イベリア半島の中心部にあるスペインの首都。16~18世紀頃の歴史的建造物が数多く残されており、美術館や博物館などの文化施設が充実しています。

中でも、世界有数の規模のコレクションを有するプラド美術館やソフィア王妃芸術センターでは、ゴヤやベラスケス、ピカソなどの巨匠たちの作品を鑑賞することができます。

リュブリャナ (Ljubljana)、スロベニア

リュブリャニッツァ川が市中を流れるスロベニアの首都。その起源はローマ時代に遡り、神聖ローマ帝国やオーストリア=ハンガリー帝国の支配下の中で繁栄しました。緑の丘に建つリュブリャナ城や、赤い屋根の家々が立ち並ぶ旧市街など美しい街並みが広がっています。

プラハ (Prague)、チェコ

ボヘミア地方の中心にあるチェコの首都。「北のローマ」「黄金のプラハ」 と称されるほど美しい街並みが広がる都市で、およそ1000年の歴史を誇る旧市街は世界遺産にも登録されています。

ゴシックやルネサンス、バロック、ロココなどあらゆる建築様式の歴史的建造物を目にすることができます。

コペンハーゲン (Copenhagen)、デンマーク

バルト海・シェラン島東岸にあるデンマークの首都。ニシン漁や交易で栄えた街で、都市名はデンマーク語の”Kjøbmandehavn”(商人たちの港)に由来します。市内には、世界最古の遊園地・チボリ公園やアンデルセン童話に登場する人魚姫の銅像など名所が数多くあります。

ドレスデン (Dresden)、ドイツ

ドイツ中東部・ザクセン州の州都。かつてザクセン王国の都が置かれていた都市で、エルベ川を挟んで新市街・旧市街が広がっています。戦災により、市街の大半は破壊されたものの、戦後に復旧し、旧市街を中心に中世漂う歴史的建築物を目にすることができます。

ベルゲン (Bergen)、ノルウェー

ノルウェー南西部にある港湾都市。かつてハンザ同盟で繁栄したこの地には、切妻屋根のカラフルな木造倉庫が海岸沿いに並んでおり、世界遺産に登録された歴史ある町並みが広がっています。ディズニー映画「アナと雪の女王」の舞台のモデルになった街としても有名です。

ブダペスト (Budapest)、ハンガリー

「ドナウのバラ」「ドナウの真珠」の名称で知られるハンガリーの首都。かつてこの地を流れるドナウ川にくさり橋が架かり、西側の歴史的建造物が立ち並ぶ「ブダ」と東側の商業都市「ペシュト」が合わさって「ブダペスト」となりました。

ヘルシンキ (Helsinki)、フィンランド

フィンランドの首都。フィンランド湾に面し、市内には緑豊かな大公園が多く点在するヘルシンキは「バルト海の乙女」という異名を持つほど景観の美しい港湾都市です。世界でも人気の高いマリメッコを始めとした可愛らしい北欧雑貨の店がたくさんあり、ショッピングも楽しめます。

パリ (Paris)、フランス

フランスの首都。世界を魅了する観光都市であり、名所として知られているスポットは枚挙に暇がないほど。地名は、紀元前3世紀頃ケルト系パリシイ人がこの地に住み着いたことに由来します。

19世紀、モノと人の流れを良くして経済の活性化を図る理由などから都市計画が進み、現在の美しいパリの街並みが造られました。

ブルージュ (Bruges)、ベルギー

ベルギー北西部・フランドル地方にある都市。市内に張り巡らされた運河や中世の面影を残した美しい町並みが広がっており、その景観の美しさは「北のヴェネツィア」「屋根のない美術館」と称えられるほど。

モスタル (Mostar)、ボスニア・ヘルツェゴビナ

15世紀、オスマン帝国時代に建設されたネレトヴァ川渓谷沿いの古都。この旧市街のシンボルとなっているのが石橋の「スタリ・モスト」。この橋では毎年夏になると公式の飛び込みコンテストが行われ、参加者は高さ24~8mから飛び込みのフォームの美しさを競い合います。

ワルシャワ (Warsaw)、ポーランド

“北のパリ”と呼ばれたポーランドの首都。第二次大戦中に壊滅的な被害を受けたものの、18世紀画家の風景画や戦前に記録された図面等をもとに復元されました。”レンガのひび割れ一つに至るまで”街並みを忠実に蘇らせた市民達の熱意が評価され、世界遺産の登録が決まったのだそう。

ポルト (Porto)、ポルトガル

首都リスボンに次ぐポルトガル第2の都市。1000年以上の歴史を持つ都市で、ローマ時代初期にはカレ(Cale)の名で知られていました。貿易が盛んに行われていたことから後に ”ポルトゥス・カーレ”(カレの港)の名称で呼ばれるようになり、国名ポルトガルはこの名称に由来するそうです。

バレッタ (Valletta)、マルタ

地中海中部にあるマルタの首都。市街全体が世界遺産に登録されており、「マルタストーン」とも呼ばれる蜂蜜色の石灰岩で造られた建築物が建ち並んでいます。バレッタは16世紀都市建設に尽力したマルタ騎士団長(ジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレット)に由来するのだとか。

モンテカルロ (Monte Carlo)、モナコ

モナコ公国を構成する4地区の一つ。国営カジノやF1レースなどが有名で、ヨーロッパ有数の観光都市として知られています。美術館や博物館、オペラ劇場など観光施設が充実しており、世界中の富豪が観光に訪れます。

コトル (Kotor)、モンテネグロ

アドリア海に面したモンテネグロの港湾都市。中世の薫りが色濃く残る町で、城壁に囲まれた美しい景観を目にすることができます。カトリックとギリシャ正教会の文化圏が重なっており、双方の教会が数多く残されています。

リガ (Riga)、ラトビア

13世紀初めにドイツ人によって築かれた港町。13世紀にハンザ同盟に加盟し、ロシアと西ヨーロッパ地域を結ぶ交易を通じて急速に繁栄しました。旧市街には中世ドイツの商業都市の特徴が見られ、その町並みの美しさは「バルト海の真珠」と称されるほど。

シギショアラ (Sighişoara)、ルーマニア

ルーマニア中部、トランシルバニア地方にある都市。12~13世紀、ザクセン地方から入植したドイツ人の職人や商人によって築かれた都市で、かつて商工業で栄えた美しい街並みお今でも目にすることができます。吸血鬼“ドラキュラ”のモデルになったワラキア公・ヴラド3世の生地としても有名です。 

サンクトペテルブルク (Saint Petersburg)、ロシア

ロシア北西部に位置する港湾都市。18世紀に「ヨーロッパへの窓口」として計画的に建設された都市で、世界で最も美しい町の一つといわれています。町全体が世界遺産に登録されており、世界三大美術館のエルミタージュ美術館をはじめ、エカテリーナ宮殿やカザン大聖堂など名所が点在しています。

RECOMMEND

RECOMMENDED POST

Local Cuicines in Ecuador – エクアドルの郷土料理 –

ジャピンガチョス (Llapingachos) エクアドルの伝統的な料理。マッシュしたじゃがいもにチーズや玉ねぎなどを合わせ、丸く成形したものを鉄板で焼いて作られます。その名称は、ケチュア語で「潰す」を意味す “Llap […]

Read More

Local Cuisines in Romania – ルーマニアの郷土料理 –

ママリーガ (Mămăligă) ルーマニアの代表的な主食の一つ。トウモロコシの粉を炊いたもので、チーズやサワークリーム、肉料理と一緒に食べます。かつてはパンの代用として農民たちの間で親しまれた歴史があり、女性はママリー […]

Read More

Local Cuisines in Portugal – ポルトガルの郷土料理 –

カルドヴェルデ (Caldo Verde) ケールやじゃがいも、チョリソーなどを用いて作られるポルトガルのスープ。北部発祥とされていますが、現在はポルトガル全土で広く親しまれおり、パンと一緒に供されるのが一般的です。日常 […]

Read More
PAGE TOP