Festive Dishes in Finland – フィンランドの行事食 –

ヘルネケイット (Hernekeitto)

フィンランドの豆のスープ。伝統的に毎週木曜日に食べる習慣があり、「木曜日のスープ」とも呼ばれています。これはフィンランドにカトリックが普及していた13世紀頃からの習わしであり、金曜日の断食を乗り切るために栄養価の高い豆のスープが食されるようになったといわれています。

ヨウルトルットゥ (Joulutorttu)

フィンランドのパイ菓子。風車ような形をしたパイ生地の中央にプルーンジャムが詰められ、全体に粉砂糖がかけられているのが一般的です。その名称はフィンランド語で「クリスマスタルト」を意味し、クリスマスには欠かせないお菓子として親しまれています。

ラスキアイスプッラ (Laskiaispulla)

カルダモン風味の丸いパンにアーモンドペーストとホイップクリームを挟んだお菓子。伝統的には、例年四旬節の前日「告解の火曜日」に食べる習慣があります。

隣国のスウェーデンでは「セムラ」と呼ばれており、フィンランドのベーカリーではアーモンドペーストの代わりにイチゴやラズベリーのジャムが入ったものも提供されています。

ルーネベリタルト (Runebergintorttu)

アーモンドやラム酒などで風味付けされた円柱型のケーキ。フィンランドを代表する詩人・ルーネベリ氏の妻が考案したといわれており、フィンランドでは1月から彼の誕生日である2月5日までの期間限定で販売されているのだそう。

一方、ルーネベリ氏が生涯の大半を過ごしたポルヴォ―市では、年間を通じて購入することができるのだとか。

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP