Festive Dishes in Germany – ドイツの行事食 –

シュバイネハクセ (Schweinshaxe)

豚脚をローストしたドイツ料理の一つ。ドイツのビールの祭典・オクトーバーフェストに欠かせない料理として知られています。豚脚から作る料理に「アイスバイン」もありますが、シュバイネハクセが長時間ローストして作られるのに対して、アイスバインは塩漬けにしてから煮込んで作られるそうです。

プレッツェル (Pretzel)

独特な結び目の形が印象的なドイツ発祥のパン。世界で広く親しまれており、地域や行事によって様々なフレーバーのものがあります。その歴史は諸説ありますが、12世紀に描かれた挿絵にはプレッツェルが描かれており、少なくともその頃には存在していたことが分かります。

ヴァイナハツガンズ (Weihnachtsgans)

ドイツのクリスマスや聖マルティン祭に欠かせない肉料理。中にプルーンやリンゴ、栗などが詰められたガチョウを丸焼きにしたもので、赤キャベツやケール、じゃがいもの団子などの付け合わせが添えられていることが一般的です。

聖マルティン祭 (11月11日)とは、キリスト教の聖人・マルティヌスを記念する祝日です。彼は控えめな人柄だったため、フランスのツール司教に任命された際に自分では相応しくないと考え、ガチョウ小屋に身を隠しました。

しかし、ガチョウが騒いだため見つかってしまい、新しい司教として正式に任命されることになったという逸話が残されています。

シュトレン (Stollen)

ドイツの伝統的なクリスマスケーキ。ドライフルーツやナッツ、カルダモン、シナモンなどが入った生地を焼き上げ、全体を覆うように粉砂糖をまぶして作られます。その発祥はザクセン州・ドレスデンであるといわれており、この地では例年第2アドヴェントの土曜日にシュトレン祭りが開催されます。

白い粉砂糖がたっぷりかかったその様子は、生まれたばかりのイエスを毛布でくるんだ姿ともいわれています。

レープクーヘン (Lebkuchen)

ハチミツやスパイス入りのドイツのクリスマスクッキー。とりわけ、クリスマスマーケットの屋台で販売され、アイシングで装飾が施されたハート形のレープクーヘンは多く出回ります。

その起源は紀元前350年の古代エジプトで作られていたハチミツ入りのパンが原型だといわれており、13世紀頃フランケン地方の修道院で現在のような形のレープクーヘンが作られるようになったとされています。

Popular Breakfasts in Africa – アフリカの朝ごはん –

インジェラ (Injera)、エチオピア エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せら […]

Read More

A Variety of Cakes in Ireland – アイルランドのケーキ –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More

Local Desserts in Ireland – アイルランドの郷土菓子 –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More
PAGE TOP