Festive Dishes in Poland – ポーランドの行事食 –

ジュレック (Żurek)

ライ麦を発酵させて作られるポーランドの料理。ソーセージやゆで卵、野菜などが入ったスープで、イースターの時期に食べる習慣があります。

ジュレックによく似た料理に「バルシチ・ビャーウィ(Barszcz Biały)」があり、しばしばその区別に混乱を招くことがありますが、前者がライ麦粉を使用するのに対して、後者は小麦粉を使用して作られるのだそうです。

ポンチキ (Pączki)

ポーランドのドーナツ。キリスト教の祝日「脂の木曜日」(四旬節の直前の木曜日)に食べる習慣があり、生地の中にはバラやフルーツのジャム、クリームなどが詰められています。

16世紀頃よりポーランドに登場したとされ、もともと断食が行われる四旬節の前に食材を使い切る目的で作られるようになったそうです。

マコヴィエツ (Makowiec)

イースターやクリスマスの定番菓子として親しまれているロールケーキ。生地の中にはケシの実のペーストやレーズン、クルミなどが入っており、上からオレンジピールや粉砂糖が振りかけられていることが多いです。

ポーランドの民間信仰によれば、ケシの実は幸福をもたらすと信じられており、キリスト教においては収穫と豊穣の象徴として捉えられているのだそうです。

マズレク (Mazurek)

イースターの時期に作られるポーランドのフラットケーキ。平らな生地にクリームやナッツ、ドライフルーツなどで華やかに装飾が施されたお菓子で、多くの場合その装飾はイースターをモチーフにしたデザインが描かれています。

ポーランド中部・クヤヴィ・ポモージェ県のマズレクは、ポーランド農業農村開発省によって伝統的製品リストに登録されています。

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP