Festive Dishes in Spain – スペインの行事食 –

カネロニ (Canelons)

スペイン・カタルーニャ地方の料理。18世紀頃にイタリアから伝わった料理で、円筒形のパスタを使用するのが特徴です。スペインでは聖ステファノの日(12/26)に食されることが多く、前日のクリスマス・ディナーで残った肉をパスタに詰め、ベシャメルソースをかけていただきます。

パエリア (Paella)

スペイン東部・バレンシア地方発祥の米料理。スペインを代表する料理として国内外にカ関わらず広く親しまれいている料理で、その名称はバレンシア語で「フライパン」を意味します。

エビやイカ、ムール貝などシーフードがふんだんに使用されたパエリアが有名ですが、本場のバレンシア地方ではウサギ肉、カタツムリ、ライマメ(インゲンマメ属の一種)などが用いられており、地域や家庭によってバリエーション豊かなパエリアが存在します。

ロスコン・デ・レジェス (Roscon de Reyes)

スペインのクリスマスのお菓子。ドーナツ型の生地に砂糖漬けしたフルーツやナッツが散りばめられたケーキで、1月6日の公現祭(3名の賢者がキリストの誕生を祝福した日)に食されます。ケーキの中には陶器の人形や豆が入っており、前者は幸運が訪れ、後者はロスコンの代金を支払わなければならないルールがあるそう

ウエソス・デ・サント (Huesos de Santo)

「聖人の骨」を意味するスペインのお菓子。筒状のマジパンにクリームが詰められたお菓子で、伝統的なのは卵黄と砂糖を使用したクリームが入ったものですが、現在はチョコレートやココナッツなどバリエーション豊かなものがあります。例年11月1日に催されるカトリック教会の行事・諸聖人の日に食べる習慣があります。

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP