Local Cuisines in Czech – チェコの郷土料理 –

ヴェプショ・クネドロ・ゼロ (Vepřo Knedlo Zelo)

チェコの代表的な郷土料理のひとつ。ヴェプショ(豚肉のロースト)、クネドロ(クネドリーキ)、ゼロ(ザワークラウト=キャベツの酢漬け)を盛り合わせた料理で、ドイツやオーストリアなどでも親しまれています。

クネドリーキとは、小麦粉やじゃがいもを水や牛乳で練り、丸めて茹でた料理。シチューや肉料理には付け合わせとして添えられていることが多いです。

グラ-シュ (Guláš)

豚肉や牛肉をパプリカなどの香辛料と一緒に長時間煮込んだ料理。ハンガリーの「グヤーシュ」(Goulash)が起源とされており、これに類似した料理はヨーロッパで広く親しまれています。「クネドリーキ」(Knedlíky)と呼ばれる付け合わせと一緒に食べるのが一般的です。

チェコの様々な都市で、多種多様なグラ-シュを楽しめるフェスティバルや、美味しさを競うコンテストなどが開催されることもあるそうです。

チェスネチュカ (Česnečka)

風邪や二日酔いに効果的なスープとして知られるチェコのガーリックスープ。ニンニクの他、じゃがいもや玉ねぎ、キャラウェイやマジョラムといったスパイスなどから作られ、仕上げにクルトンをちりばめて供されます。

用いられる食材やトッピングは、家庭や店によって様々なものがあり、ソーセージやハム、きのこ、チーズなどが入っているチェスネチュカもあります。

スヴィーチュコヴァー (Svíčková)

チェコの牛肉のクリームソース添え。「スヴィーチェコヴァー・ナ・スメタナ」 (Svíčková na smetaně)という名称でも知られています。サーロインまたはランプを根菜のシチューで煮込み、クランベリーソースや生クリーム、レモン、クネドリーキなどが添えられて供されます。

日常的に親しまれている料理ですが、手の込んだ料理のため、誕生日などの特別な日に食べられることもあるのだそうです。

クネドリーキ (Knedliky)

小麦粉やじゃがいもを水や牛乳で練り、丸めて茹でた料理。小麦粉を用いた「ホウスコヴェー・クネドリーキ」(Houskový knedlík)、じゃがいもを用いた「ブランボロヴェー・クネドリーキ」(Bramborový knedlík)などの種類があります。料理の付け合わせとして作られるもので、シチューや肉と絡めて食べるのが一般的です。

今ではスーパーなどでも手軽に購入できますが、かつては女性が結婚するためには、クネドリーキを上手に作れなければならないといわれていました。

RECOMMENDED POST

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP