Local Cuisines in Europe – ヨーロッパの郷土料理 –

アイリッシュシチュー (Irish Stew)、アイルランド

アイルランドの伝統的な家庭料理。19世紀初頭に登場した料理で、当初はマトンやタマネギ、じゃがいもなどシンプルな材料で作られましたが、後にラムや牛肉、その他の野菜が追加されました。ただし、材料やレシピが各家庭によって若干異なり、家庭の数だけレシピがあるともいわれています。

タブ・コシ (Tave Kosi)、アルバニア

アルバニアの郷土料理。ラム肉とヨーグルトをオーブンで焼いた、グラタンのような料理です。アルバニア国内のみならず、北マケドニアやギリシャなどの周辺国でも親しまれています。

ラヴァシュ (Lavash)、アルメニア

アルメニアの伝統的な平たいパン。こねた生地を薄く伸ばし、地面に設置された大きな窯の側面に貼り付けて薄焼きにします。

焼きあがったラヴァシュは乾燥させて保存し、食べる際には水を振り撒いて柔らかくしてから食べます。肉やチーズなど様々な具材を挟んだり、煮込み料理に入れたりして食べることが多いとか。

ポレンタ (Polenta)、イタリア

イタリア北部で親しまれている郷土料理。粉状にしたトウモロコシにを粥状に煮たもので、ソースやチーズをかけたり、肉料理に添えたりして頂きます。

15世紀頃アメリカ大陸からトウモロコシが持ち込まれ、小麦の栽培に不向きな北部や山岳地域を中心に主食として食されるようになったのが始まりであるといわれています。

ヨークシャープディング (Yorkshire Pudding)、イギリス

イギリスの伝統的な料理の一つ。小麦粉/卵/塩/牛乳などを合わせた生地をオーブンで焼いて作られるシュークリームの皮のようなものです。 “プディング”といっても甘みはなく、主にローストビーフなどの肉料理の付け合わせとして用いられます。

ヴァレニキ (Varenyky)、ウクライナ

ウクライナの伝統料理のひとつ。小麦粉を練った生地に具を包み茹でたもので、バターやサワークリームと一緒にいただきます。見た目は中国の餃子によく似ていますが、中身は肉類/じゃがいも/キャベツ/チーズ/サクランボなどさまざまなものがあります。

ウィンナーシュニッツェル (Wiener Schnitzel)、オーストリア

子牛肉の薄切りにパン粉を付けて揚げたオーストリア・ウィーンの名物料理。その歴史には諸説ありますが、1857年頃オーストリアの陸軍元帥ラデツキーによってイタリアからレシピが持ち込まれたのが始まりであるといわれています。

ビターバレン (Bitterballen)、オランダ

オランダの伝統的なスナック。一口サイズのコロッケのような料理で、マスタードを付けていただくのが一般的です。特にビールとの相性は抜群で、おつまみや軽食の定番として親しまれています。

ギロス (Gyros)、ギリシャ

ギリシャで親しまれている伝統的なストリートフード。薄切り肉を串に刺し重ねた塊を、回転させながら火で炙って、焼けたところからそぎ切りにした料理です。一般的に野菜とともにピタと呼ばれる平たいパンに挟んで食べられることが多いですが、お皿に盛り付けをして供されることもあります。

その起源は、1920年代初頭、トルコからの移民によってトルコのドネルケバブが伝わったのが始まりであるとされています。(諸説あり)

ヒンカリ (Khinkali)、ジョージア

ジョージアの代表的な郷土料理のひとつ。生地の中には香辛料の効いた羊や豚、牛の挽肉が詰められており、黒コショウをかけて手でいただくのがジョージアンスタイルです。一見中国の小籠包のようにも見えますが、かつてモンゴルから伝わったとされています。

レシュティ (Rösti)、スイス

スイスの国民食ともいわれているジャガイモのパンケーキ。もともとはベルン州の農村で朝食として食べられていた料理で、今ではスイス全土から欧米まで広い地域で親しまれています。卵やチーズをのせたり、野菜やベーコンを混ぜたりバリエーションもさまざま。

ショットブッラル (Köttbullar)、スウェーデン

スウェーデンのミートボール。国民食として親しまれている料理で、ブラウンソースやコケモモジャム(リンゴンベリージャム)、マッシュポテトなどと一緒に食べるのが一般的です。

各家庭でそれぞれのレシピが存在するともいわれており、使用する肉(牛・豚・子羊・ヘラジカ)やスパイスの種類、合わせるソースなどが多種多様です。日常的に親しまれている料理ですが、スウェーデンのクリスマス「ユール」の際にも食べる習慣があります。

フィデウア (Fideua)、スペイン

スペイン・バレンシア発祥の料理。一見するとパエリアそっくりですが、お米の代わりに細麺のフィデオ (パスタ)が使われています。魚介を使用しているのが伝統的なフィデウアですが、地域によって独自のスタイルのものが楽しめます。


その他の地域の記事を読む


ヴェプショ・クネドロ・ゼロ (Vepřo Knedlo Zelo)、チェコ

チェコの代表的な郷土料理のひとつ。ヴェプショ(豚肉のロースト)、クネドロ(クネドリーキ)、ゼロ(ザワークラウト=キャベツの酢漬け)を盛り合わせた料理で、ドイツやオーストリアなどでも親しまれています。

クネドリーキとは、小麦粉やじゃがいもを水や牛乳で練り、丸めて茹でた料理。シチューや肉料理には付け合わせとして添えられていることが多いです。

スモーブロー (Smørrebrød)、デンマーク

デンマークの伝統的なオープンサンド。デンマーク語で「バターを塗ったパン」を意味するもので、ライ麦にニシンやローストビーフ、チーズ、卵などさまざまなトッピングを載せていただきます。19世紀、農業労働者の間で考案され、トッピングの多くは前夜の残り物が使用されていました。

グリュンコール (Grünkohl)、ドイツ

ドイツ北部を中心に親しまれている料理。ドイツ語で「ケール」を意味し、一般的には茹でたケールにソーセージや豚肉、茹でたジャガイモなどが添えられています。

グリュンコールは冬の季節を迎えると、市場やクリスマスマーケットに出回るようになります。ケールは栄養価が非常に高く、古くから地中海では薬草として栽培されていた歴史があるそうです。

グヤーシュ (Goulash)、ハンガリー

牛肉や玉ねぎ、じゃがいもなどを煮込んだハンガリーのシチュー。その名称はハンガリー語で“Gulya(牛の群れ)”、“Gulyas(牛飼い)”を意味する言葉で、農夫の料理がルーツであるといわれています。

現在ではヨーロッパで広く親しまれており、各地域の食材や食文化と融合した独特なグヤーシュをいただくことができます。

カルヤランピーラッカ (Karjalanpiirakka)、フィンランド

フィンランド東部カレリア地方の伝統料理。ライ麦の生地にミルク粥やマッシュポテトのせて焼き、最後にムナボイ(卵とバターを混ぜ合わせたもの)をトッピングした料理です。今では、国民的な料理として軽食や朝食に食されることが多いそう。

ポトフ (Pot-au-feu)、フランス

フランス語で「火にかけた鍋」を意味するフランスの家庭料理。鍋にブロックの牛肉、野菜類、香辛料を入れ、長時間煮込んで作られます。その起源には諸説ありますが、古くから農民の冬の定番料理の一つとして親しまれていたといわれています。

16世紀頃のフランスは、宗教戦争の影響で人々の生活は困窮しており、当時のポトフにはほとんど肉が入ってなかったそう。

その最中、フランス国王アンリ4世が「いかに貧しい農民であっても毎週日曜日に “Poule au pot”を食べられるようであってほしい。」と鶏のポトフを推奨した有名なエピソードが残されています。

ショプスカ・サラダ (Shopska Salad)、ブルガリア

ブルガリアの国民的な料理の一つ。角切りにしたトマトやきゅうり、たまねぎなどに塩をふり、ヒマワリ油をかけ、上から「シレネ」(バルカン諸国で親しまれている白チーズ)をトッピングして作られます。主に夏の季節に多く供される料理で、その鮮やかな色合いはブルガリアの国旗を想起させます。

1950年代、ブルガリアで現存する最古の旅行会社といわれる「バルカンツーリスト」のシェフが、観光客を惹きつける料理として考案したのがはじまりだといわれています。

ドラニキ (Draniki)、ベラルーシ

ベラルーシで親しまれているジャガイモのパンケーキ。すりおろしたジャガイモに卵と小麦粉を加え、フライパンでカリカリに焼き上げます。サワークリームと一緒に頂くのが一般的です。ひき肉を加えたり、ニンニクで香り付けしたりアレンジにはさまざまなものがあります。

ムール・フリット (Moules Frites)、ベルギー

ムール貝とフライドポテトがセットになったベルギーの代表的な料理。かつては労働者階級の人々の間で食べられていたと考えられており、特に魚が手に入らない冬の季節にムール貝とフライドポテトを組み合わせて食べられるようになったそうです。ムール・フリットは近隣の国オランダやフランス北部などでも親しまれています。

ジュレック (Żurek)、ポーランド

ライ麦を発酵させて作るポーランドのスープ。ソーセージやベーコン、ハムなどの肉類、野菜、ゆで卵などから作られ、類似した料理は東欧諸国で広く親しまれています。

またの名を「ジュル(Żur)」といい、 “Żur”はドイツ語で「酸っぱい」を意味する“Sauer”に由来するそうです。一年を通じて親しまれている料理ですが、特にイースターの時期に食べる習慣があります。

カルドヴェルデ (Caldo Verde)、ポルトガル

ケールやじゃがいも、チョリソーなどを用いて作られるポルトガルのスープ。北部発祥とされていますが、現在はポルトガル全土で広く親しまれおり、パンと一緒に供されるのが一般的です。日常的には食事の前菜として食されることが多く、結婚式などのハレの日にも食べる習慣があります。

サルマーレ (Sarmale)、ルーマニア

ルーマニア風ロールキャベツ。ひき肉や野菜、米などをキャベツやブドウの葉で包み、じっくり煮込んで作られます。ルーマニアの主食「ママリーガ」とサワークリームが一緒に供されることが多く、クリスマスや正月などのお祝いの席では欠かせない料理としても知られています。

サルマーレは、トルコ(オスマン帝国)にルーツをもち、類似した料理はヨーロッパや中東で広く親しまれています。

ビーフ・ストロガノフ (Beef Stroganoff)、ロシア

ロシア料理の一つ。牛肉・玉ねぎ・マッシュルームを炒めて、サワークリームが入ったソースで煮込んだ料理です。19世紀ロシア帝国時代に貴族ストロガノフ家の料理長が考案したといわれています。(諸説あり)

日本ではご飯にかけて食べるのが主流ですが、ロシアではパスタにかけたり、マッシュポテトを添えたりして頂きます。

RECOMMENDED POST

World Popular Desserts – 世界の郷土菓子 –

バームブラック (Barmbrack)、アイルランド アイルランドの伝統的なパン(ケーキ)。アイルランドでは毎年ハロウィンの時期に食されるもので、ゲール語で「斑点のあるパン」を意味します。生地の中には…

World Coffee Drinks – 世界のコーヒーの嗜み方 –

アイリッシュコーヒー (Irish Coffee)、アイルランド ホットコーヒーにウイスキーと砂糖を加え、上にホイップクリームを浮かべたアイルランドの飲み物。1943年、アイルランドの西海岸にあるフォ…

World Popular Breakfasts -世界の朝ごはん –

地域別で読む ボクスティ(Boxty)、アイルランド アイルランドの伝統的なポテトパンケーキ。細かくすりおろしたジャガイモやバター、小麦粉などから作られるもので、そのままいただくこともあれば、生地に肉…

World Popular Cuisines – 世界の郷土料理 –

地域別で読む アイリッシュシチュー (Irish Stew)、アイルランド アイルランドの伝統的な家庭料理。19世紀初頭に登場した料理で、当初はマトンやタマネギ、じゃがいもなどシンプルな材料で作られま…

World Alcoholic Beverages – 世界のお酒 –

ブレニヴィン (Brennivin)、アイスランド アイスランドのジャガイモから作られる蒸留酒。アイスランド語で「燃えるワイン」を意味するこのお酒は、アルコール度数が40度とかなり強く地元では「ブラッ…

Popular Breakfasts in Africa – アフリカの朝ごはん –

インジェラ (Injera)、エチオピア エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せら […]

Read More

A Variety of Cakes in Ireland – アイルランドのケーキ –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More

Local Desserts in Ireland – アイルランドの郷土菓子 –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More
PAGE TOP