Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine)

モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸気を巡回させて無水調理するタジン鍋が生みだされました。

パスティラ (Pastilla)

肉類または魚介類、玉ねぎ、アーモンドなどを「ワルカ(Warka)」と呼ばれる薄い生地に包んで焼き上げた料理。調理に時間を要するため、結婚式やパーティーなど特別な機会に供されるのが一般的です。

伝統的なものとして鳩の肉を用いたパスティエラがありますが、現在では鶏肉が用いられることが多いのだそうです。

パグリール (Baghrir)

セモリナ粉(デュラム小麦を粗挽きした粉)の生地を焼いて作られるモロッコのパンケーキ。片面のみを焼くため、生地の表面に無数の穴が空いているのが特徴です。朝食や軽食として食べられることが多く、バターやはちみつをたっぷりと染み込ませていただきます。

クスクス (Couscous)

モロッコやアルジェリアなど主に北アフリカ地域で食される料理。蒸したクスクス(セモリナ粉を粒状にしたもの)に煮込んだ野菜や肉、豆類などを盛り付けた料理で、伝統的なものに「7種類の野菜のクスクス」があります。

イスラム教を国教とするモロッコでは、毎週金曜日は集団礼拝の日とされており、この日に家族でクスクスを食べる習慣があります。

RECOMMENDED POST

Popular Breakfasts in Africa – アフリカの朝ごはん –

インジェラ (Injera)、エチオピア エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せら […]

Read More

A Variety of Cakes in Ireland – アイルランドのケーキ –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More

Local Desserts in Ireland – アイルランドの郷土菓子 –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More
PAGE TOP