Local Cuisines in South Korea – 韓国の郷土料理 –

キムチ (Kimchi)

塩漬けした野菜に香辛料や塩辛などを混ぜた韓国の漬物。もともと厳寒期に備えた保存食として、野菜を塩漬けしたものが作られるようになったのがその原型だとされています。

16世紀に日本から朝鮮半島に唐辛子が持ち込まれ、18世紀以降に本格的に食材として用いられるようになって、現在のようなキムチとなりました。

韓国では、毎年秋になると「キムジャン」と呼ばれるキムチ作りが行われます。これは韓国の厳しい冬に備え春先までの保存食(=キムチ)を大量に漬ける習わしで、2013年にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。

トッポッキ (Tteokbokki)

主に屋台で親しまれている韓国のストリートフード。「トック (떡)」と呼ばれる棒状の餅をコチュジャンや砂糖などで甘辛く炒め煮込んだ料理。

今や庶民的な料理として普及しているトッポッキですが、かつては宮廷料理として食されていた歴史があり、当時は醤油をベースとした味付けのものが作られていました。

16世紀に日本から唐辛子が伝わり、18世紀以降唐辛子が調味料として本格的に用いられるようになった後に、現在のような甘辛いトッポッキが作られるようになったそうです。

チュッ (Juk)

米やもち米粉をよく煮詰めて作られた韓国のお粥。セウチュッ(エビ粥)、チョンボッチュッ(アワビ粥)、ケッチュッ(ゴマ粥)、タッチュッ(鶏粥)などバラエティーに富んだ種類があり、健康的な食事として親しまれています。

ビビンバ (Bibimbap)

ご飯にナムル(野菜の和え物)や牛肉、卵などの具材をのせた料理。コチュジャンやごま油などの調味料を加えて、よく混ぜてから食べるのがコリアンスタイル。

その起源は諸説あり、祭祀の際に先祖に捧げた供え物をご飯にのせて食べるようになった説や、大晦日に余った惣菜を新年に持ち越さないようにご飯と混ぜて食べるようになった説などがあります。

プルコギ (Bulgogi)

韓国の代表的な肉料理。下味を付けた牛肉や野菜を焼いたり、煮たりして作られるもので、その名称は「プル (불)」=「火」、「コギ (고기)」=「火」を意味します。高句麗時代 (紀元前37年 ~ 668年)より食されていた「貊炙 (メッチョッ)」が起源とされています。

李氏朝鮮時代(1392年 ~ 1897年)には、下味を付けた牛肉を炭火で焼いた「ノビアニ」が宮中で作られるようになり、現在のプルコギへと変化を遂げていったと考えられています。

RECOMMENDED POST

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP