Local Desserts in Switzerland – スイスの郷土菓子 –

ヴィーエ (Wähe)

スイスのタルト。アプリコットやルバーブ、りんごなどの季節の果物の他、チーズやほうれん草など多種多様なものがあります。復活祭(イースター)の40日前から始まる“四旬節”は肉食を断つ習慣があり、かつてヴィーエはこの期間中に食されることが多かったそう。

ツガー・キルシュトルテ (Zuger Kirschtorte)

スイス中部ツーク発祥のケーキ。地元名産のさくらんぼを使用した蒸留酒・キルシュを染み込ませたスポンジ生地の側面にスライスアーモンド、表面に粉砂糖をふって仕上げます。かのチャーリー・チャップリンやオードリー・ヘプバーンにも愛されたケーキとしても有名です。

スイスチョコレート (Swiss Chocolate)

スイスは世界でも有数なチョコレート大国です。1875年、スイスのチョコレート職人ダニエル・ペーター (Daniel Peter) によって世界で初めて板状のミルクチョコレートが作られました。

1879年には、ロドルフ・リンツ (Rodolphe Lindt) によって“コンチング”と呼ばれる新しい製造プロセスが開発されたことで、滑らかな食感のチョコレートが作れるようになりました。スイスには、“カイエ(Callier)”や “リンツ(Lindt)”といった世界的に有名なチョコレートブランドが存在します。

バーズラーレッカリー (Basler Läckerli)

スイス北西部・バーゼル発祥の伝統的な焼き菓子。シナモン・ナツメグ・クローブなどのスパイスやハチミツ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、キルシュ(サクランボのブランデー)などから作られるもので、焼き上げた生地の表面にキルシュアイシングを塗って仕上げます。

Photo by Sandstein

ティルゲル (Tirggel)

スイスの伝統的なクリスマスクッキー。チューリッヒの名産として知られるお菓子で、生地には愛のメッセージや聖書の描写など様々なデザインが描かれています。その歴史は15世紀にさかのぼり、当時はチューリッヒ市のパン屋のみがティルゲルを生産することを許されていたそうです。

ヘーフェクランツ (Hefekranz)

スイスをはじめ、ドイツ、オーストリアなどで親しまれるほんのり甘いパン。別名「ヘーフェツォプフ」でも知られ、花輪の形をしたヘーフェクランツに対して、ヘーフェツォプフは三つ編みになっています。特にイースターの時期に食べる習慣があります。

RECOMMENDED POST

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP