Street Foods in Europe – ヨーロッパのストリートフード –

フィッシュアンドチップス (Fish and Chips)、イギリス

イギリスを代表する料理の一つ。白身魚のフライにポテトフライが添えられたシンプルな料理で、ファストフードとして親しまれています。産業革命による鉄道網の整備で迅速に鮮魚が輸送できるようになったため、安価で腹持ちの良いフィッシュ・アンド・チップスは労働者階級を中心に普及されるようになりました。

アランチーニ (Arancini)、イタリア

イタリア・シチリア名物のライスコロッケ。中身は、ミートソースとエンドウ豆、バターとベシャメルソース、その他バリエーション豊かなアランチーニが存在します。日常的にも親しまれている料理ですが、12月13日の「聖ルチア祭」には伝統的にアランチーニを食べる習慣があります。

それは、シチリアが大飢饉に見舞われた1646年のこと。聖ルチア祭の日に小麦を搭載した船が到着し、人々を飢餓から救ったという伝説があります。この日は小麦のありがたさを再認識するため小麦製品を控え、米料理を食べるという習慣があります。

ボスナ (Bosna)、オーストリア

オーストリア・ザルツブルク市名物のファーストフード。ソーセージや薄くスライスした玉ねぎ、マスタード、カレー粉を白パンに挟んだサンドイッチで、1949年にブルガリア出身のツァンコ・トドロフ氏によって考案されました。

ボスナが生み出されたファーストフード店「バルカン・グリル」は、モーツァルトの生家があることで有名なゲトライデガッセ33番地の路地にあり、今もなお多くの人々で賑わっています。

ポッフェルチェ (Poffertjes)、オランダ

オランダの伝統的なミニパンケーキ。小麦粉やそば粉、酵母の生地を焼き上げて作られるもので、街中の屋台で販売されることが多いです。焼きたてのポッフェルチェには、粉砂糖やバターや糖蜜、ホイップクリームなど様々なトッピングをかけていただきます。

ギロス (Gyros)、ギリシャ

ギリシャで親しまれている伝統的なストリートフード。薄切り肉を串に刺し重ねた塊を、回転させながら火で炙って、焼けたところからそぎ切りにした料理です。

一般的に野菜とともにピタと呼ばれるギリシャのパンに挟んで食べられることが多いですが、お皿に盛り付けをして供されることもあります。その起源は、1920年代初頭、トルコからの移民によってトルコのドルネケバブが伝わったのが始まりであるとされています。(諸説あり)

ハチャプリ (Khachapuri)、ジョージア

ジョージアのチーズパン。中央にチーズと卵が入ったパンで、ジョージア語で「ハチョ」はチーズ、「プリ」はパンを意味します。オーソドックスなものは船形のハチャプリですが、地域によって様々なトッピングや形のものがあります。

フリカンデラ (Frikadeller)、デンマーク

デンマークのミートボール。その起源は明らかにされていませんが、およそ200年の歴史の中で親しまれてきた料理の一つです。子牛や豚ひき肉、小麦粉、牛乳、玉ねぎなどから作られ、ライ麦パンに載せたり、ブラウンソースを付けたりしていただきます。

カリーヴルスト (Currywurst)、ドイツ

ドイツ・ベルリン名物のファストフード。焼いた(茹でた)ソーセージの上にケチャップとカレー粉(カレーソース)をかけたシンプルな料理です。その起源には諸説あるものの、1949年ドイツ人女性・ヘルタ ホイヴァー氏が考案したという説が最も有力な説として知られています。

2019年には、カリーヴルスト発売70周年を記念して、カリーヴルストとヘルタ ホイヴァー氏が描かれた記念硬貨が発行されました。また、ヘルタ ホイヴァー氏が経営していた屋台跡地には、彼女の名前が刻まれた銘板を目にすることができます。

クルトシュカラーチ (Kurtoskalacs)、ハンガリー

ハンガリーやチェコ、ルーマニアで親しまれている焼き菓子。ハンガリー語で 「クルトシュ(Kürtős) = 煙突」、「カラーチ(Kalács)= ケーキ」を意味します。 棒にパン生地を巻きつけて回転させながら焼き上げるお菓子で、シナモン・ココア・ナッツなど様々なフレーバーがあります。

ベルギーワッフル (Belgian Waffles)、ベルギー

世界的に有名なベルギーのお菓子。甘さ控えめの四角い形をしたブリュッセル・ワッフルと甘くて丸い形をしたリエージュ・ワッフルの2種類があります。街角のスタンドなどでは、フルーツやホイップクリーム、チョコレートソースなど様々なトッピングがされたワッフルが店頭に並べられています。

パステル・デ・ナタ (Pastel de Nata)、ポルトガル

丸い生地にカスタードクリームを詰めて焼いたポルトガルのタルト。マカオを経由してアジア地域に広まったものは「エッグタルト」として親しまれています。1837年創業“Pastéis de Belém”のパステル・デ・ナタが有名です。

その歴史は、リスボンのベレン地区にあるジェロニモス修道院の修道女たちによって考案されたといわれています。しかし、1820年のポルトガル王国で起こった「自由主義革命」によって国内の修道院が閉鎖に追い込まれ、行き場をなくした修道士たちはパステル・デ・ナタを売って生計を立てたのだそうです。

パステル・デ・ナタの伝統的なレシピは、1837年に創業された菓子店 “Pastéis de Belém” によって受け継がれ、今でもなお、多くの人々に愛され続けています。

ピロシキ (Pirozhki)、ロシア

ロシアの屋台の定番料理の一つ。生地に肉や魚、卵、キノコ、キャベツなど様々な具材を詰め、揚げたり焼いたりして作られます。セイボリー系のものが一般的ですが、ジャムや果物が入った菓子パン風のものもあります。

RECOMMENDED POST

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP