Street Foods in Netherlands – オランダのストリートフード –

キベリング (Kibbeling)

一口サイズのタラのフライ。オランダの屋台やマーケットで人気のおやつで、タルタルソースを付けていただきます。

クロケット (Kroket)

オランダで親しまれているファストフードの1つ。ホワイトソースとひき肉(牛肉や子牛肉)にパン粉をまぶし、筒状に形を整えてから油で揚げた料理です。

もともとはフランス料理の“Croquette”が原型で、オランダに伝わった後、特に第二次世界大戦後に広く親しまれるようになりました。その人気は、街中に専用の自動販売機が設置されているほど。

ビターバレン (Bitterballen)

オランダの伝統的なスナック。一口サイズのコロッケのような料理で、マスタードを付けていただくのが一般的です。特にビールとの相性は抜群で、おつまみや軽食の定番として親しまれています。

カプサロン (Kapsalon)

フライドポテトの上にケバブやシャワルマといった肉料理とチーズをのせ、さらに生野菜やガーリックソース、サンバル(チリソースの一種)をトッピングした料理。一見すると中東料理のようにも見えるこの料理は、2003年にオランダ・ロッテルダムの“El Aviva”というシャワルマ店で生み出されました。

この店によく通っていた美容師Nathaniël Gomes氏が、彼の好きな食材だけで作られたオリジナルメニューを注文していたところ、他の客にも好評を得て、広く知られるようになったのだそうです。

「カプサロン」という名称はオランダ語で「理容室」を意味し、この料理の発案者Nathaniël Gomes氏に由来します。

ポッフェルチェ (Poffertjes)

オランダの伝統的なミニパンケーキ。小麦粉やそば粉、酵母の生地を焼き上げて作られるもので、街中の屋台で販売されることが多いです。焼きたてのポッフェルチェには、粉砂糖やバターや糖蜜、ホイップクリームなど様々なトッピングをかけていただきます。

オリーボーレン (Oliebollen)

ドーナツの原型といわれるオランダの伝統的なお菓子。特にクリスマスと新年の定番のお菓子として知られており、これは古代ヨーロッパの冬至祭・ユールの時期に食されいていた歴史があります。プレーンの他に、リンゴやバナナ、カスタードなど種類も豊富です。

ストロープワッフル (Stroopwafel)

円形のワッフル生地の間にシロップを挟んだお菓子。その名称はオランダ語で“Stroop(シロップ)”、“Wafel (ワッフル)”を意味し、19世紀にゴーダ(Gouda)市のパン職人が考案したのが始まりであるといわれています。コーヒーや紅茶が入ったカップの上に乗せ、ワッフルを温めてから頂くのが一般的です。

RECOMMENDED POST

Popular Breakfasts in Africa – アフリカの朝ごはん –

インジェラ (Injera)、エチオピア エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せら […]

Read More

A Variety of Cakes in Ireland – アイルランドのケーキ –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More

Local Desserts in Ireland – アイルランドの郷土菓子 –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More
PAGE TOP