Unique Coffee Drinks in Asia – アジアのコーヒードリンク –

コピ・ルアク (Kopi Luwak)、インドネシア

世界で最も高価なコーヒーとして知られるインドネシアのコーヒー。ジャコウネコが食べたコーヒーの果実から、未消化で糞として排出された豆を洗浄、乾燥、焙煎させたものを使用して作られます。ジャコウネコの腸内で発酵することによって、コーヒー豆に独特な香りと味わいが生まれるのだそう。

ダルゴナ (Dalgona)、韓国

韓国で親しまれているホイップコーヒー。インスタントコーヒー/砂糖/お湯をホイップしたものミルクの上に乗せて作られます。その前身は中国・マカオのコーヒーで、韓国で紹介された際に“ダルゴナ”(韓国語で「カルメ焼き」の意味)と名づけられました。

コピ (Kopi)、シンガポール

シンガポールをはじめとした東南アジアで親しまれているコーヒー。コーヒー豆は苦みの強いロブスタ種が使われていて、この苦みを和らげるべく砂糖やバター(マーガリン)、コーンスターチなどを加えて深く焙煎されています。

砂糖とコンデンスミルクが入ったものが一般的ですが、お店によってはブラック、砂糖のみ、ミルクのみなど好みの飲み方を注文できるようです。シンガポールの朝食の定番の一つにカヤジャム(ココナッツミルクをベースとしたスプレッド)が塗られたトースト「カヤトースト」があり、コピとの相性は抜群です。

鴛鴦茶 (Yuanyang)、中国

中国・香港で親しまれている「コーヒー紅茶」。広東語で「ユンヨン」と呼ばれる飲み物で、コンデンス入りの紅茶とコーヒーを混ぜ合わせて作られます。アレンジの幅は広く、タピオカやレモン、香辛料などが入ったバラエティー豊かな鴛鴦茶が楽しめます。

エッグコーヒー (Egg Coffee)、ベトナム

ベトナム・ハノイ発祥のコーヒー。卵黄とコンデンスミルクを泡立てたものを上から浮かべたコーヒーで、ベトナム語で「カフェ・チュン」と呼ばれています。その起源は1950年代のインドシナ戦争中、牛乳が不足していたため代わりに卵を使ったことがはじまりです。

RECOMMENDED POST

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP