List of World Sandwiches – 世界のサンドイッチ –

ブルスケッタ (Bruschetta)、イタリア

イタリアの前菜やおつまみとして親しまれている料理。硬く焼いたパンに、にんにくとオリーブオイルを塗り、好みの具材をのせて作られます。

その名称はローマ地方の方言で「炭火であぶる」を意味する “bruscare” に由来するとされており、その名の示す通りパンを炭火で焼くのが本来の作り方なのだそうです。

ボスナ (Bosna)、オーストリア

オーストリア・ザルツブルク市名物のファーストフード。ソーセージや薄くスライスした玉ねぎ、マスタード、カレー粉を白パンに挟んだサンドイッチで、1949年にブルガリア出身のツァンコ・トドロフ氏によって考案されました。

ボスナが生み出されたファーストフード店「バルカン・グリル」は、モーツァルトの生家があることで有名なゲトライデガッセ33番地の路地にあり、今もなお多くの人々で賑わっています。

ボカディージョ (Bocadillo)、スペイン

バゲットに様々な具材を挟んだスペインのサンドイッチ。パンに挟む具材としてハムやチーズ、スペイン風オムレツのトルティージャ、イカフライなど多種多様なものがあります。朝食や昼食、軽食として時間帯にかかわらず親しまれている国民的なファストフードです。

スモーブロー (Smørrebrød)、デンマーク

デンマークの伝統的なオープンサンド。デンマーク語で「バターを塗ったパン」を意味するもので、ライ麦にニシンやローストビーフ、チーズ、卵などさまざまなトッピングを載せていただきます。19世紀、農業労働者の間で考案され、トッピングの多くは前夜の残り物が使用されていました。

ザピカンカ (Zapiekanka)、ポーランド

ポーランドのファストフードの一つ。縦に切ったバゲットに野菜やチーズ、ケチャップなど様々な具材をのせたオープンサンドで、パイナップルを用いたハワイアン風やオリーブとフェタチーズを用いたギリシャ風など多種多様なものがあります。

その歴史は1970年代、ポーランド統一労働者党第一書記を務めたエドワード・ギエレク氏(Edward Gierek)がバゲット製造のライセンスをフランスから購入したことがはじまりだと考えられています。

フランセジーニャ (Francesinha)、ポルトガル

ポルトガル・ポルトを発祥とするサンドイッチ。ハムやソーセージ、ロースト肉など数種の肉料理をパンで挟み、チーズをのせ、さらにトマトやビールを煮詰めたソースをかけて作られます。料理のボリュームとは対称的に、その名称は「フランスの女の子」を意味します。

その歴史は20世紀後半、ポルトガル人バーテンダーのダニエル・ダヴィット・ダ・シルバ氏(Daniel David da Silva)がフランスに移住していた際に出合った「クロックムッシュ」を参考に、このサンドイッチを考案したのがはじまりだと考えられています。

ルーベンサンドイッチ (Reuben Sandwich)、アメリカ

コンビーフやザワークラウト、スイスチーズ、ロシアンドレッシングなどをライ麦パンに挟んだサンドイッチ。

その歴史には諸説あり、一つは1925年ネブラスカ州オマハにて、ルーベン・クラコフスキー(Reuben Kulakofsky)という食料品店店主が、「ブラックストーンホテル」で開催されたポーカーのプレイヤーたちにこのサンドイッチを提供したという説。

他には、1914年ニューヨーク・マンハッタンにてアーノルド・ルーベン(Arnold Reuben)というレストランオーナーによって考案されたなどの説があります。

チョリパン (Choripán)、アルゼンチン

アルゼンチンをはじめ、ウルグアイ、チリなどで親しまれているファストフード。グリルで焼いたチョリソーをパンに挟み、「チミチュリ」(オリーブオイルやワインビネガー、パセリ、ニンニクなどから作られる調味料)などのソースをかけたサンドイッチです。

スポーツ観戦施設や市街の屋台などで供されており、アルゼンチン第二の都市・コルドバでは毎年、チョリパン・フェスティバル(Festival Mundial del Choripán)が開催されます。

Photo by stu spivack

ボカディート (Bocadito)、キューバ

キューバのサンドイッチ。小さな柔らかいパンにハムやチーズ、ローストポーク、 またこれらの具材をペーストにしたものを挟んでいただきます。キューバ人が多く住むアメリカ・マイアミでも人気のあるメニューだそう。

カヤトースト (Kaya Toast)、シンガポール

カリカリに焼いたパンにカヤジャムを塗ったシンガポールのトーストサンド。カヤとは、ココナッツミルクや卵、パンダンリーフを煮詰めて作られたジャムのことを言います。「コピ」と呼ばれるコンデンスミルク入りのコーヒーや半熟卵とセットで提供されているのが一般的です。

その歴史は、20世紀中国・海南省からの移民たちがシンガポールでコーヒーショップのビジネスを始め、そこで提供されたのが始まりであるといわれています。

バインミー (Banh Mi)、ベトナム

フランスパンに、レバーペーストやハム・野菜の酢漬けなどさまざまな具材を挟んだベトナムのサンドイッチ。ベトナムでは朝食として食されることが多く、早朝から食堂や屋台で頂くことができます。

フランス統治時代にフランスからバゲットが持ち込まれ、現地の食材を挟んで食されるようになったのがはじまりです。1970~80年代には、国外へ亡命したベトナム難民によって世界各国で親しまれるようになりました。

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP