Local Cuisines in Austria – オーストリアの郷土料理 –

ウィンナーシュニッツェル (Wiener Schnitzel)

子牛肉の薄切りにパン粉を付けて揚げたウィーンの名物料理。その歴史には諸説ありますが、1857年頃オーストリアの陸軍元帥ラデツキーによってイタリアからレシピが持ち込まれたのが始まりであるといわれています。

シュペッククネーデル (Speckknödel)

オーストリア西部、イタリアとの国境付近にあるチロル地方の料理。炒めた玉ねぎとベーコンを一口大にちぎったパンと混ぜ、生地がひとまとまりになるように丸めて茹でた料理です。このパンはもともと古く固くなったパンが使われており、残り物を美味しく食べるための工夫がうかがえます。

ドイツをはじめ、東欧諸国では「クネーデル」(クヌーデル)と呼ばれるだんご状の料理があり、肉料理の付け合わせやスープの具材として、またデザートとして地域によってバリエーション豊かなクネーデルが食されています。

ツヴィーベルローストブラーテン (Zwiebelrostbraten)

オーストリア・ウィーンで親しまれている肉料理。ローストした牛肉に香ばしく揚げた玉ねぎが添えられたもので、その名称は “Zwiebel” =「玉ねぎ」、 “Rostbraten” =「焼いた肉料理」を意味します。

ボスナ (Bosna)

オーストリア・ザルツブルク市名物のファーストフード。ソーセージや薄くスライスした玉ねぎ、マスタード、カレー粉を白パンに挟んだサンドイッチで、1949年にブルガリア出身のツァンコ・トドロフ氏によって考案されました。

ボスナが生み出されたファーストフード店「バルカン・グリル」は、モーツァルトの生家があることで有名なゲトライデガッセ33番地の路地にあり、今もなお多くの人々で賑わっています。

ターフェルシュピッツ (Tafelspitz)

オーストリア・ウィーンで親しまれている肉料理。数種類の野菜やスパイス、牛肉をじっくり煮込んで作られるもので、すりおろしたリンゴとホースラディッシュのソース「アプフェルクレン」や、サワークリームにチャイブ (ヒガンバナ科ネギ属のハーブ) が加えられた「チャイブソース」と一緒に食べます。

ターフェルシュピッツは、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が特に好んで食べていた料理としても知られています。

バックヘンドル (Backhendl)

18世紀以来、オーストリア・ウィーンを中心に親しまれている料理。鶏肉に細やかなパン粉をまぶして油で揚げたシンプルな料理です。ビーダーマイヤー時代 (1815年~1848年) には、富の象徴として上流階級の人々の間で親しまれたのだそうです。

RECOMMENDED POST

Local Cuisines in Morocco – モロッコの郷土料理 –

タジン (Tajine) モロッコの郷土料理の一つ。牛肉や玉ねぎ、ニンニクにスパイスを加えてタジンで調理した料理です。タジンとは、円錐型の蓋をした容器のこと。砂漠地方にあるモロッコでは、水が貴重なことから食材から出る水蒸 […]

Read More

Local Cuisines in South Africa – 南アフリカの郷土料理 –

バニーチャウ (Bunny Chow) 中の生地をくりぬいた食パンにカレーを詰めた料理。南アフリカ東海岸にある港町・ダーバンが発祥とされ、インド系アフリカ人によって生み出されたといわれています。イギリス統治時代のインドで […]

Read More

Local Cuisines in Ethiopia – エチオピアの郷土料理 –

インジェラ (Injera) エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せられ、各々をく […]

Read More
PAGE TOP