Traditional Cuisines in Ireland – アイルランドの伝統的な料理 –

アイリッシュシチュー (Irish Stew)

アイルランドの伝統的な家庭料理。19世紀初頭に登場した料理で、当初はマトンやタマネギ、じゃがいもなどシンプルな材料で作られましたが、後にラムや牛肉、その他の野菜が追加されました。ただし、材料やレシピが各家庭によって若干異なり、家庭の数だけレシピがあるともいわれています。

ベーコン & キャベッジ (Bacon and Cabbage)

アイルランドの伝統的な料理の一つ。塩漬けしたベーコンとキャベツを煮込んだシンプルな料理で、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)に食べる習慣があります。付け合わせの野菜やホワイトソースと一緒にいただきます。

ソーダ・ブレッド (Soda Bread)

アイルランドの主食として食べられているパン。生地を発酵させずに作ることができる「クイックパン」に分類されるもので、小麦粉や重曹、食塩、バターミルクなどから作られます。その歴史は、炭酸水素ナトリウム(重曹)がアイルランドに伝えられた1840年頃に遡るとされています。

スコーン (Scone)

小麦粉やベーキングパウダー、牛乳、バター、砂糖などを混ぜ合わせた生地をオーブンで焼き上げた小型のパン。イギリスには、ジャムとクロテッドクリームを添えたスコーンを食べながら紅茶を飲む「クリームティー」と呼ばれる習慣があります。

スコットランドのフラットブレッド「バノック」が原型とされており、その名称は、歴代スコットランド王の戴冠式に使用された椅子の土台の石 “The Stone of Scone ” に由来するといわれています。(諸説あり)

現在のようなスタイルのスコーンになったのは、1800年代後半のヴィクトリア朝時代。ベーキングパウダーの発明や一般家庭へのオーブンの普及が進み、イギリスのティータイムには欠かせない存在として定着していきました。

Popular Breakfasts in Africa – アフリカの朝ごはん –

インジェラ (Injera)、エチオピア エチオピアのクレープのように平たいパン。テフと呼ばれる穀物の練粉を発酵させ、薄く焼いたもので、エチオピアでは主食として食されています。インジェラの上には色とりどりのおかずが乗せら […]

Read More

A Variety of Cakes in Ireland – アイルランドのケーキ –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More

Local Desserts in Ireland – アイルランドの郷土菓子 –

アイリッシュ・アップル・ケーキ (Irish Apple Cake) アイルランド風アップルケーキ。朝食やおやつとして食べられることが一般的ですが、アイルランドの祝日/セントパトリックスデー(3月17日)にも食 […]

Read More
PAGE TOP